You are here: Home > >

弁護士ナシで離婚調停に望むならば有利になるための情報を掴むべき

残念ながら離婚をするという形となってしまった夫婦では、円満離婚で済ませられる夫婦もいれば、ドロドロ劇で円満離婚といかず、離婚調停に望む形となってしまう夫婦もいたりします。ただ、離婚調停を申し込むとき、弁護士にお願いする人もいたりしますが、中には「弁護士に頼むとお金がかかってしまう」ということで、弁護士に頼めない人もいたりします。特に子どもがいる人は、これから子どもにお金をかけていかなければなりませんから難しいですよね。

しかし、何も知らずに「相手が浮気をしたから、こちらが有利になるだろう」と安易な気持ちで離婚調停に望んでは、奈落の底に突き落とされてしまう可能性が高くなってしまいます。とにかく、弁護士ナシで離婚調停で有利な立場になるためにも、色々と調べておかなければいけないかと思います。たとえば、子どもがいる親の場合ですと親権争いが待っております。親権を手にしたいのであれば、ちゃんと子どもを養える力があるかどうかアピールしなければなりません。

他にも、もし相手が浮気をしていて離婚をしたいと思うならば、浮気現場の証拠を掴まなくてはいけません。とにかく離婚調停は「戦い」と言うことでもありますから、相手が有利にならないように、自分が有利になれるようなものを持っていかなければ、もし相手のほうに有利になってしまったら勝ち目はなくなってしまう可能性が高くなります。たとえ相手が悪いことをしていても、決して離婚調停で有利になれるとは限りませんから、ちゃんと情報は掴んでおかなければいけませんね。

  • Digg
  • Del.icio.us
  • StumbleUpon
  • Reddit
  • Twitter
  • RSS

Leave a Reply

Tinkerbell Personal Checks |Garden Planters | Jewellery For Women | Best Dog Foods | Budget Wedding Gowns | Shop For Jewellery | Vintage Jewellery| Diamante Jewellery | Car Finance Credit | DoorStep Loans